memu skip


特集

home > ニュース > 特集

釜山が誇るもう一つの公園誕生! 全国最大規模の都心広場「宋象賢広場」

書き込み詳細 - 日付 ,構成 ファイル
Date : 14.10.01
釜山が誇るもう一つの公園誕生!  全国最大規模の都心広場「宋象賢広場」  釜山鎮区田浦洞サムジョン交差点から楊亭洞宋公三差路一帯に造成された宋象賢(ソン・サンヒョン)広場は、長さ700m、幅45~78m、面積は34,740㎡で、ソウルの光化門広場(長さ557m、幅34m、面積18,000㎡)より倍近く広いものです。 宋象賢広場は、歴史広場、ダイナミック釜山広場、文化広場と、大きく3つ広場に分かれていて、歴史広場は釜山の歴史をテーマにしています。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で 釜山を守るために殉死した「宋象賢公記念広場」、釜山の古地図が刻まれた噴水がある「古地図噴水」、旧宋公三差路の歴史を再現した「歴史の森」があり、広場に関する歴史を知ることができます。 ダイナミック釜山広場は、面積15,750㎡のうち10,766㎡を芝生や大理石で仕上げた舗装広場、木製デッキの遊歩道、小川などから構成されています。 文化広場にはソンクン広場や芝生スタンド、野外公演場、カフェなどが設けられ、ここで色々な公演が行われる予定です。
File

quick_menu

information